Ajax Loader Gif

Foreign criminals building up Japanese operations, threatening public order: NPA

(Mainichi Japan)
July 23, 2010


Globe-spanning foreign criminal organizations have secretly been building up their operations in Japan in recent years, according to a National Police Agency (NPA) white paper for fiscal 2010 submitted to the Cabinet on July 23.

According to a special "globalized crime" section of the report, the types of crimes perpetrated by foreigners in Japan are changing at the same time as criminal activity involving the movement of people money and the flow of information over borders is building -- presenting what the agency emphasizes is "a threat to public order."

The globalization of crime "could very well cause a tectonic shift in the public order of our nation," the report declares. "From this point on, law enforcers are required to respond to the situation in an appropriate manner."

Previously, crimes perpetrated by foreigners tended to be of the "hit and run" variety, committed during short-term stays in Japan and followed with the criminal fleeing the country. However, in recent years, cases of global foreign criminal organizations targeting Japan, and the formation of criminal groups in Japan made up of foreigners from many countries, have been conspicuous -- a trend dubbed "the globalization of crime."

As an example, the report cites a 2007 tear gas spray attack on a jewelry store clerk and theft of a 280 million yen tiara from the shop in Tokyo's Ginza area by a Montenegrin group called the "Pink Panther" gang. It also details a 2006-2009 scam by a primarily Nigerian group that used fake credit cards to buy electronics from volume dealers, which they then sold to used electronics shops. Another example is a Pakistani, Cameroonian, Sri Lankan and Japanese group which stole heavy construction equipment in some 500 cases from 2002 to 2008, dismantled them and exported the parts.

There are also cases of foreigners involved in drug dealing, smuggling counterfeit goods, Internet-based computer hacking and money laundering, and some of them in connection with Japan's own yakuza criminal organizations.

This year, the NPA is formulating a strategy to counter the globalized crime trend, and has set up a special "globalized crime countermeasures" unit. The agency is also strengthening cooperation and information exchanges with foreign public security agencies via diplomatic channels and Interpol. It is also building on extradition treaties for the smooth extradition of criminals.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

警察白書:「グローバル化」脅威に 外国人犯罪に焦点

 警察庁は23日、10年版警察白書を閣議に報告した。特集「犯罪のグローバル化と警察の取り組み」を組み、世界的規模の犯罪組織が近年、日本で暗躍する実態を解説した。国境を超えた人、カネ、情報の行き来が活発になるなか、外国人犯罪に質的な変化が起きていると指摘。「治安への脅威になっている」と強調している。【鮎川耕史】

 従来の外国人犯罪は、短期滞在の在留資格で来日し、犯行後すぐに海外に逃走する「ヒット・アンド・アウエー」型が典型だった。

 最近は、世界規模で活動する組織が日本を標的にするケースや、多国籍のメンバーで組織を構成しているケースが目立ち、「犯罪のグローバル化」と呼ばれている。

 象徴的な事件として白書は、モンテネグロ人らの組織「ピンクパンサー」が東京・銀座の貴金属店で店員に催涙スプレーを吹きかけ、2億8000万円相当のティアラ(王冠形の髪飾り)を奪った事件(07年)▽ナイジェリア人を中心とするグループが、偽造クレジットカードで家電量販店からだまし取った電化製品を古物商で換金していた事件(06~09年)▽パキスタン人、カメルーン人、スリランカ人、日本人で構成するグループが、自動車や建設用重機を狙って約500件の窃盗を繰り返し、「ヤード」と呼ばれる作業場で解体したうえ、海外へ輸出していた事件(02~08年)--などを挙げている。

 覚せい剤の密売、偽ブランド品の密輸、インターネット上の不正アクセス、マネーロンダリングでもグローバル化は進み、日本の暴力団とのつながりが判明した事件もある。

 警察庁は今年、犯罪のグローバル化に対する戦略プランを策定し、情報の収集・分析を担当する「犯罪のグローバル化対策室」を発足させた。国際刑事警察機構(ICPO)や外交ルートを通じた外国治安当局との情報交換や捜査協力も強化。国外に逃亡した容疑者の特定や所在の確認、犯罪人引き渡し条約に基づく引き渡しなどでも連携を深めている。

 白書は「(犯罪のグローバル化は)わが国の治安に地殻変動を引き起こす要因となりかねない。今後、組織をあげて的確に取り組むことが求められる」としている。

英訳
【関連記事】

*
チケット詐取:47歳の不動産会社社長を逮捕 警視庁
*
裁判員裁判:検察側、初の控訴へ 覚せい剤密輸全面無罪で
*
メキシコ:発砲で17人死亡 麻薬密売組織の犯行か
*
イタリア:犯罪組織の305人を一斉逮捕 資産押収
*
フィッシング詐欺:グループ買い取り、盗品有償譲り受け容疑の会社員逮捕 /静岡

毎日新聞 2010723日 1156分(最終更新 723日 1349分)