Saitama Fukaya Case

Like the Kagoshima Shibushi Case of 2006, this case shows the relentless pursuit of innocent citizens for political gains.

~~~~~~

Assemblyman released after arrest for vote-buying- lambastes investigators

(Mainichi Japan) May 28, 2011

Assemblyman Katsuhiko Nagata leaves Fukaya Police Station in Fukaya, Saitama Prefecture, on May 27. (Mainichi)

FUKAYA, Saitama -- A municipal assembly member here -- arrested for vote-buying but released on May 27 after reports of coercive police interrogations of key witnesses -- has bitterly criticized investigators. (See English reportage below).

Ajax Loader Gif

Assemblyman released after arrest for vote-buying lambastes investigators

(Mainichi Japan) May 28, 2011

FUKAYA, Saitama -- A municipal assembly member here -- arrested for vote-buying but released on May 27 after reports of coercive police interrogations of key witnesses -- has bitterly criticized investigators.

"Questioning lasted for up to 12 hours a day, and was unfair. That's not what police in a democratic country are allowed to do," local municipal assembly member Katsuhiko Nagata, 67, told a news conference here. "There are many problems involving the way investigators questioned me."

Nagata apologized to the about 20 witnesses allegedly coerced by police into admitting he had wined and dined them in return for their support in the April municipal election. "I'm sorry for causing them stress and suffering," he said.

Nagata said he had not known that the 3,000-yen participation fee for a dinner party he organized for his supporters was not enough to cover the actual 4,900-yen per-person cost.

"My wife paid for the dinner. I hadn't known that the 3,000-yen participation fee wasn't enough to cover the cost until an investigator told me about it," he said, adding that he will collect about 1,900 yen each from the participants to cover the shortfall.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Investigators suspected of coercing 19 people to lie in assembly member's vote-buying case

SAITAMA -- Prefectural police investigators are suspected of coercing at least 19 local residents to provide false testimonies that they were illegally wined and dined by a city assembly member under arrest for buying votes, it has emerged.

Moreover, some of the residents revealed that there is a memorandum showing that at least some of them paid for the meal.

Lawyer Masaaki Shirai, who was consulted by some of them, lodged a protest with Saitama Prefectural Police over the high-handed manner that they questioned his clients.

Close attention will be paid as to whether the Saitama District Public Prosecutors Office will form a case against the couple as the period of their detention expires on May 28.

Fukaya Municipal Assembly member Katsuhiko Nagata, 67, and his wife Fumie, 64, are under arrest on suspicion of wining and dining 28 voters during a dinner meeting in February in return for participating in a campaign for him in an assembly election in April.

However, 20 of them who were interviewed by the Mainichi Shimbun denied the allegations and claimed they paid 3,000 yen each as a participation fee for the meeting.

Nineteen of them said they were forced by investigators to sign depositions stating that they did not pay the fees. The other, who has maintained that he paid the fee, was questioned for a total of 12 days.

The assembly member and his wife have also denied the vote-buying allegations by claiming that they collected participation fees from the attendees.

In late April, Saitama Prefectural Police began to question the attendees of the meeting.

A man who signed his deposition admitting to the allegations on the fifth day of police questioning said an investigator pressured him to admit to the allegations. "You're the only one who denied it. You can immediately go home if you sign a deposition," he quoted the investigator as telling him.

Two others told the Mainichi that investigators threatened to summon their children for questioning over the case.

Moreover, participants in the dinner meeting said there is a memorandum confirming that at least some of them paid participation fees.

The document lists up to 31 individuals' names, and a kanji character indicating participants paid the fee is written down next to the names of some of them.

A number of attendees have told the Mainichi that Nagata's wife was checking the list when she received money from participants.

"I guess the assembly member or his wife wrote down whether the attendees paid the fee," one of them said.

Lawyer Shirai bitterly criticized investigators over the way they questioned the local residents. "Investigators wouldn't listen to what the residents said unless their statements were consistent with police's scenario of the incident. Police persistently interrogated them in a high-handed manner and compiled depositions against the facts."

A high-ranking official with the prefectural police defended the way they questioned the local residents.

"It's true that the questioning took a long time because we tried to interview them in an appropriate manner by securing enough time to rest," he said. "We can't just discontinue our questioning simply because they denied the allegations."

Regarding the memorandum, a prefectural police official claims that at least one of the residents told investigators that he later added his name at the request of the assembly member.

Click here for the original Japanese story

(Mainichi Japan) May 26, 2011


~~~~~~~~~~~~~~~

虚偽証言強要疑惑:会費支払い確認メモ 参加者「書いた」

 埼玉県深谷市議の永田勝彦容疑者(67)が公職選挙法違反(供応買収)容疑で逮捕された事件に絡み、接待を受けたとされる住民らに県警が虚偽の証言を強要していた疑いが浮上した問題で、会合当日に会費の支払いを確認したとみられるメモがあることが、住民らの話で分かった。

 メモはB5判の紙2枚で、永田容疑者を含む会合参加者30人全員の名前が手書きされている。1枚のメモの冒頭には「永田勝彦氏 後援会について」とあり、会合のあった2月13日の日付と時間、場所とともに、15人の名前が横書きで記されている。8人の名前の横に「○」、6人の横に「○未 済」と書き込まれ、当日参加しなかった1人の横には「←欠席」とある。

 参加者の男性は毎日新聞の取材に「私が書いたメモだ。出席予定者の名前を書いて、事前に集めた1人3000円の会費8人分とともに2月9日ごろに永田市議に渡した」と証言。「永田市議か奥さんが会費の支払い状況を書き込んだのでは」と話した。

 また、複数の参加者が「会合があったレストランの座敷で奥さんがお金を受け取りながら紙にチェックしていた」と話しており、「済」はこの時に書き込まれた可能性がある。

 もう1枚のメモにある名前は16人。永田容疑者や妻文恵容疑者(64)=同容疑で逮捕=のほか、当日になって参加した4人に加え、会合の案内状から切り離された出席カードの紙片2枚が張られ、それぞれに5人の名前が書かれている。

 この紙片2枚について別の男性は「私が出席者をまとめ、名前を書き入れて2月9日に永田市議に渡した」と証言し、「メモのコピーを警察で見せられ、『私が書いた』と伝えたが、信じてもらえたかどうか分からない。調書には取られなかったと思う」と話した。

 一方、県警は「会費を払った」とする住民側の主張を認めず、「会費はなかった」とする供述調書を作成しているとみられる。

 メモについて、県警幹部は「(永田容疑者に)言われて後から名前を書いた、と話している住民がいる」と話している。

毎日新聞 2011526日 1500

証言強要疑惑:「不都合な主張黙殺」住民ら埼玉県警に反発
2011/June 23

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110623k0000m040130000c.html


 埼玉県深谷市議の支持者の住民らが「虚偽の証言を強要された」と抗議していた選挙違反事件で、埼玉県警が22日に公表した調査結果は「任意性を損なう取り調べは認められなかった」と結論付けた。これに対し、住民は一様に「虚偽証言せざるを得なかった状況やつらさが反映されていない」と反発した。

 60代会社員は、取り調べで逮捕状を示すような仕草をされたが、調査結果は「供述調書を作成する際、調書に添付する書類を提示した」と説明した。これについて、会社員は「『勤務先の仕事に関係なく呼び出せる。最後はこういうものも出せるんだ』と両手で紙を持つ仕草を見せられた。あの状況では当然、逮捕状だと思う。この調査結果が適正なはずはない」と憤った。

 住民の数人が「妻や子供を聴取すると言われた」と証言した点について、調査結果は「雑談の中で子供に関する会話があったが、趣旨が正確に伝わっていなかった可能性がある」と結論付けた。だが、40代の自営業男性は「『子供が心配でしょう』『お子さんのことを考えてください』と取り調べの終わりに言われる。心配になる」と話した。

 調査結果で「被疑者が『先祖に誓って支払ったことが事実』と申し立てたため、『事実ではないことを誓っては先祖が泣く』と言った」とされた60代男性会社員は、「私から言うわけがない。向こうから『先祖が泣きますよ。お父さん、お母さんが悲しみますよ。お孫さんに悪い人と言われたくないでしょう』と言われた」と反論した。

 また、調査結果は「体調がすぐれないなどの申し出があれば取り調べ時間を短縮したり中断した」としたが、女性(70)は、「そんなことは絶対にない。下痢と吐き気で『早く帰りたい』と言ったのに夜8時半まで帰れなかった」と話した。

 「言い分を聞いてもらえなかった」との住民からの指摘について、調査結果は「供述調書は被疑者の申し出があれば増減変更した」と結論付けた。60代男性は「全然違う。向こうのシナリオに沿わないと聞き入れられなかった。私は何度も『書き直してくれ』と主張したが受け入れてもらえなかった」と訴えた。
 ◇解説 任意捜査 配慮足りず

 証言強要疑惑の調査結果を公表した埼玉県警は「高齢者が多く、取り調べを受ける経験が初めてだったことを考慮すれば、一層きめ細かく配慮する余地があった」とも言及した。今回のケースは、容疑者の身柄が拘束される事件だけでなく、任意の取り調べについても、適正さを確保するために十分な配慮が必要なことを改めて示したといえる。

 逮捕された容疑者とは異なり、任意捜査には期間の制限はない。毎日新聞の取材に多くの住民が「朝から晩まで連日聴取され、虚偽の調書に署名してしまった」「『会費を払っていない』と認めるまで延々と取り調べが続くと感じた」などと証言した。9日連続で呼び出されたり、取り調べが計16日に及んだ人もおり、県警は「(住民には)相応の負担感があったと思われる」と認めた。

 多くの住民が、検察官の取り調べの際に刑事に送迎され、車内で「警察と違うことを言うと調べが長期化する」と言われたり、取調室周辺に刑事がいたことを重圧に感じて虚偽証言を続けたとも話した。逮捕された容疑者の場合は、刑事収容施設法の規定で刑事による護送は原則として行われないが、任意捜査には適用されず、検察官の調べ中に刑事が廊下などにいることを規制する法令もない。

 元東京高検検事の郷原信郎・名城大教授は「やむを得ず警察官が送迎する場合は、警察の影響を一定程度遮断するよう配慮すべきだ。そうでなければ、検察は警察に対するチェック機能を果たせなくなる」と指摘する。

 また、「認めなければ子供を呼び出す」「1カ月でも2カ月でも取り調べる」と言われたと住民側が主張している点について、調査結果は「趣旨が正確に伝わらなかったり、無用の誤解を与えた可能性を完全には否定できない」とした。県警は「任意性を損なう取り調べはなかった」と結論付けたが、県警側が「負担」や「誤解」と言うやりとりを、多くの住民が「強要」と感じた事実は重く受け止めねばならないだろう。【飼手勇介】
 ◇住民ら人権救済 日弁連申し立て

 住民らの弁護を担当する白井正明弁護士は来週にも、日本弁護士連合会に人権救済を申し立てる方針を固めた。埼玉県警に対し、住民への謝罪と担当捜査官の処分を求める。白井弁護士は「県警の内部調査に任せられないので、住民らの委任を得て、独自に申し立てることにした」としている。申し立てられれば、日弁連の人権擁護委員会が審査した上、必要に応じた措置を取る。

 ■事件の経過■

2月13日 埼玉県深谷市内のレストランで永田勝彦市議夫妻が住民28人と会合

4月24日 深谷市議選で永田市議が当選

  25日 県警が住民の本格的な取り調べを開始

5月4日 住民が集会を開き「事実に反する調書への署名を強要された」との誓約書を作成し県警に提出

  8日 県警が永田夫妻を公職選挙法違反容疑で逮捕

  18日 住民から相談を受けた弁護士が県警とさいたま地検に抗議文を送付

  26日 住民側の抗議を毎日新聞が報道。警が調査を開始

  27日 地検が永田夫妻を処分保留で釈放

6月22日 地検が永田夫妻を起訴猶予処分。

      県警が調査結果を公表