Kurihara Kumio
Death Demanded-Not Guilty

Gangster acquitted in murder of boss, boss's wife
Wednesday, November 22, 2006 at 07:52 EST
TOYAMA — The Toyama District Court on Tuesday acquitted a gangster indicted for killing his boss and the boss's wife in Takaoka, Toyama Prefecture. Prosecutors had sought the death sentence against Kumio Kurihara, 55, second-in-command of a gang group affiliated with the crime syndicate Yamaguchi-gumi, arguing he masterminded the murder of Shuhei Yabunaka, 56, and his wife at their home on July 13, 2000.
Kurihara was accused of conspiring with two other gang members, both of whom are appealing their death sentences to the Supreme Court, and killing the couple to protest Yabunaka's high-handed management of the gang.



【富山】組長夫婦射殺事件で元組幹部に無罪判決【求刑死刑】 

2006/11/21(
)

 富山県高岡市で00年、暴力団組長夫婦が射殺された事件で、殺人罪などに問われ、死刑を求刑された元組幹部栗原組夫被告(55)の判決公判が21日、富山地裁であった。


手崎政人裁判長は「共謀を認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪を言い渡した。

 検察側の論告によると、栗原被告は元組幹部の幾島賢治被告(59)=一、二審で死刑判決、上告中=と殺人を計画。指示を受けた実行役2人が00年7月13日、高岡市の組長宅に
押し入り、藪中修平組長(当時56)と妻の俊子さん(当時52)を射殺したとされる。

 幾島被告は「栗原被告が自分に組長殺害を持ちかけ、実行犯への殺害依頼なども
栗原被告の指示」と証言したが、手崎裁判長は判決で、「幾島被告の供述は虚偽供述の危険性もあり、十分な信用性を肯定するには至らない」とした。

 富山地検は「極めて遺憾で承服しがたい。控訴を含めて今後の対応を検討したい」としている。

最高裁によると、再審事件を除いて、被告が犯行を否認しているのに死刑が求刑され、一審判決で無罪判決が出たのは、統計が残る1975年以降で3件ある。今回の鹿児島地裁の判決は4例目だ。