Daido Masaya

2008/ Feb 16 5 month old baby dies
2012/Nov 1- convicted
2016/ Apr 30 Decision reversed-Exonerated.


Convicted of killing his 5 month old infant, and sentenced to 15 years, was exonerated by the Osaka Hgh Court on April 29th. English coverage of the arrest below. Nothing about the exoneration.

~~~~~~~~~~~~~~~~

OSAKA -- A hospital clerk has been arrested for fatally abusing his 5-month-old son, police said.

Masaya Daido, 30, a resident of Misaki, Osaka Prefecture, stands accused of murder. Daido has admitted to abusing his son but denied that he had murderous intent.

"I was stressed out with my work and family life and directed my frustrations toward my child," Daido told police.

"I was busy with work. After Keisuke was born, my life was centered on my family and son. My stress intensified after I quit smoking and reduced the amount of alcohol I consumed to support our household budget. My wife was also occupied with child-raising, and I could not tell her about my troubles. My wife does not know about my abuse," Daido was quoted as telling police.

Daido held the head of his son, Keisuke, with his right hand and smashed it against the floor at his home in Misaki at around 9 a.m. on Feb. 16, breaking the boy's skull, prefectural police said. Keisuke subsequently died of brain damage.

Keisuke had his right leg broken in December and was hospitalized after he had his skull broken in January. The hospital suspected the boy had been abused and contacted Osaka Prefecture's Kishiwada child consultation center. A doctor who saw Keisuke also said that he was highly likely abused.

However, the child consultation center said the boy could have sustained the injuries accidentally and did not take the boy into custody.

Japanese coverage of the exoneration

 大阪府岬町の自宅で生後5カ月の長男を殺害したとして殺人罪に問われた父親の大道正也被告(36)の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。横田信之裁判長は「被告を犯人とした一審判決は不合理だ」として懲役15年の実刑とした一審・大阪地裁判決を破棄し、被告に逆転無罪を言い渡した。

 大道被告は2008年2月16日、自宅で長男の頭を強く押して圧迫し、頭の骨を折って殺害したとして起訴された。

 横田裁判長は、12年11月の一審判決で被告の犯行と推認した根拠となった、長男の頭部の内出血を調べた医師の鑑定書について「頭部に外力を加えられた時期が特定できていない」と指摘。一審判決の鑑定書への評価に誤りがあったと判断した。

 一審判決は鑑定書の内容のほか、長男が被告と2人きりになった直後に大量の嘔吐(おうと)などの異変が生じたことや、被告が妻の帰宅まで119番通報しなかった点も踏まえて「被告が長男を死亡させたと推認させるに十分だ」と述べ、求刑通りの量刑としていた。無罪主張をしていた被告が控訴していた。
 《大道正也さんの談話》 無実を裁判所に認めてもらい、心から感謝します。
~~~~~~~~

乳児死亡:父に逆転無罪判決大阪高裁
毎日新聞 20140430日 1242分(最終更新 0430日 1410分)

 大阪府岬町で2008年、生後5カ月の長男を自宅で殺害したとして、殺人罪に問われた元病院職員、大道正也被告(36)の控訴審で、大阪高裁は30日、求刑通り懲役15年とした1審・大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。横田信之裁判長は「1審判決には明らかな事実誤認があり、殺人の事実は認定できない」と判断した。

 大道被告は08年2月、自宅で長男の景介ちゃんの頭を強く押し、殺害したとして起訴された。公判では一貫して関与を否定。弁護側も無罪を訴えていた。

 12年11月の1審判決は、直前に加えられた人為的外力が死因になったと認定。当時、長男と2人きりでいた大道被告が暴行したと認定した。
 これに対し横田裁判長は、長男は過去に何度も頭部を骨折しており、以前から外傷性脳浮腫があった可能性があると指摘。そのうえで、「死因となった外力は、2人きりになった以前の時間帯に加えられた疑いがある」と結論付けた。

 頭部の出血が死亡直前に生じたものではないとする医師の証人尋問を、1審では弁護側が求めたが却下しており、控訴審ではこの医師が証言した。横田裁判長は1審を「合理的な範囲を逸脱した違法なものと言わざるを得ない。証拠調べをしていれば、有罪認定に至らなかった可能性がある」と批判した。

 大道被告は弁護人を通じ「自分が無実であることを裁判所に認めてもらい、心から感謝している」とのコメントを出した。【服部陽、堀江拓哉】