Mori Takemitsu
~~~~~~~~~~

Osaka prison guard formerly sentenced to death, and now back at the district court fighting for justice. He is one of just seven defendants in modern Japanese history to have a death sentence overturned by the Supreme Court.

Ajax Loader Gif

No new evidence to prove man guilty of killing family members: sources

August 2, 2016 (Mainichi Japan)

|
Japanese version|

OSAKA -- Public prosecutors here have found no fresh evidence to prove a man guilty of killing family members as DNA samples collected from the body of one of the victims didn't match those of the defendant, the Mainichi Shimbun has learned.
    Takemitsu Mori, 59, a prison guard at Osaka Prison, has been charged with murder and arson over the deaths of Mayumi Mori and her son at their apartment in Osaka's Hirano Ward in 2002. Mayumi's husband is the son of a woman who remarried Takemitsu. Takemitsu was once sentenced to life by the Osaka District Court and then to death by the Osaka High Court. But he was later acquitted by the district court after the case was sent back to the lower court following the Supreme Court's rejection of the initial rulings. The defendant now stands trial at an appeal at the Osaka High Court.

    Prosecutors recently conducted an independent DNA analysis on the numerous skin flakes that had been left on the woman's body using a new method with high accuracy, but failed to detect DNA identical to that of the defendant, according to sources close to the investigation.

    The appeal trial was resumed at the Osaka High Court in June after almost a three-year hiatus. During a hearing in June, it was decided that the case will be closed following the next hearing slated for Sept. 13. The Osaka High Public Prosecutors Office, however, revealed that it had asked Osaka Prefectural Police's crime laboratory to conduct an independent DNA analysis and that it would demand the case be tried further if any new evidence emerged.

    Takemitsu Mori was indicted on charges of murdering Mayumi Mori, then 28, and her 1-year-old son Toma at their apartment in Osaka's Hirano Ward on April 14, 2002, before torching the structure. There is no direct evidence corroborating his involvement in the crime, and evaluations of circumstantial evidence have been the main point of contention during the trial. The defendant has pleaded his innocence throughout the trial.

    Prosecutors conducted DNA examinations on 10 items including on a dog lead, which is believed to have been used as the murder weapon, but none of the DNA samples matched those of the defendant's.




     2002年に大阪市平野区で起きた母子殺害事件で死刑判決を受け、最高裁で破棄された後に無罪とされた大阪刑務所職員・森健充(たけみつ)被告(58)の差し戻し後の控訴審で、検察による凶器のDNA型鑑定の結果、被告と完全に一致する型は検出されなかったことがわかった。大阪高裁は22日、鑑定のため約3年間中断していた審理を6月に再開することを明らかにした。「新証拠」を求めた検察は厳しい立証を迫られそうだ。

     差し戻し後の控訴審は13年7月に高裁で始まった。被害女性(当時28)の絞殺に使われた犬の散歩用のひもなどの遺留品は起訴後に裁判所に保管され、検察は裁判所職員らが触った可能性があるとみて見送っていた鑑定が有罪立証のため不可欠と判断。ひものほか、女性と長男(当時1)の着衣、室内のソファ、バスマットのDNA型鑑定を高裁に請求し、認められた。

     関係者によると、検察側の依頼を受けた法医学者が鑑定した。その結果、凶器のひもからは性別が男性であることを示すDNA型が検出されたものの、森被告のものとは完全に一致せず、そのほかの遺留品も同様だったという。

     高裁の第2回公判は6月23日。鑑定人は今回の結果を鑑定書にまとめ、検察側が証拠提出する。検察はこの内容を踏まえ、公判で意見を示すとみられる。(阿部峻介)

         ◇

     〈大阪市平野区の母子殺害事件〉 2002年4月、マンション一室が全焼して女性と長男の遺体が見つかった。11月、女性の義父の森被告を大阪府警が逮捕。マンションの階段踊り場の灰皿にあったたばこの吸い殻72本のうち1本から被告のDNA型と一致する唾液(だえき)成分が検出され、一審の無期懲役、二審の死刑判決の決め手とされた。残る吸い殻は府警が紛失して問題に。最高裁は10年4月、吸い殻が事件以前に捨てられた可能性があるとして審理を差し戻し、大阪地裁は12年3月に無罪を言い渡した。

    Man once sentenced to death cleared of murder-arson charges

    (Mainichi Japan) March 15, 2012

    OSAKA (Kyodo) -- The Osaka District Court on Thursday acquitted a man previously sentenced to death for killing his daughter-in-law and her son and setting fire to their apartment in Osaka in 2002.

    A three-judge panel of the court handed down the ruling after the Supreme Court in April 2010 repealed a high court decision sentencing the defendant, Takemitsu Mori, 54, to death and ordered a retrial.

    It is the first time since 1990 that a defendant previously sentenced to death in a high court ruling has subsequently been found not guilty in a retrial ordered by the Supreme Court.


    During both the original trial and retrial, defendant Mori pleaded not guilty, saying he had never entered the apartment of the woman and her son on the day of the alleged murders and arson. On Thursday, the district court ruled there was no evidence to prove he entered the apartment that day.

    Mori was arrested in November 2002, seven months after the victims -- Mayumi Mori, 28, and her 1-year-old son Toma -- were found dead in their apartment in Osaka's Hirano Ward on April 14 that year. Mori was also accused of setting fire to the apartment.

    In the original trial, the Osaka District Court found Mori guilty and sentenced him in August 2005 to life imprisonment. The Osaka High Court subsequently revoked the district court decision and sentenced Mori to death in December 2006 as sought by prosecutors.

    The focal point of the retrial was whether circumstantial evidence presented by prosecutors was sufficient to find him guilty.

    In Thursday's ruling, Presiding Judge Kazuo Mizushima said there was no evidence that proved the defendant had entered the apartment that day and added it was doubtful Mori had ever visited the apartment.

    At the time of the crimes, Mori was working as a guard at Osaka Prison and was married to Mayumi's mother-in-law. They later divorced. He has been on leave from his job since his indictment.

    During the investigation, police collected 72 cigarette butts from a staircase at the apartment and found that saliva on one of them matched Mori's DNA type.

    In Thursday's decision, Mizushima said the victim might have thrown away the cigarette butts and it was difficult to conclude from that one piece of evidence that the defendant had visited the apartment on the day of the crimes.

    Mizushima brushed aside new test results presented by prosecutors regarding the color change of the cigarette butt, saying the results were not based on experts' advice and scientific knowledge. The judge also criticized the police for having disposed of the other 71 cigarette butts.

    During the original trials at the district and high courts, prosecutors presented circumstantial evidence to suggest Mori's involvement in the case because of the absence of direct evidence linking him to the crimes.

    Tadafumi Oshima, deputy chief prosecutor at the Osaka District Public Prosecutors Office, said it is regrettable the prosecutors' arguments had not been accepted.

    大阪・平野区の母子殺害事件:府警証拠紛失
     弁護側請求 検察承知、開示拒む
    毎日新聞 2011518日 大阪朝刊

     

     大阪市平野区で02年4月に起きた母子殺害放火事件に絡み、大阪府警が現場付近から採取した重要証拠のたばこの吸い殻71本を紛失していた問題で、弁護側が吸い殻に関連する証拠の開示を3回にわたって求めたのに対し、検察が紛失を把握しながら少なくとも2回について「具体的必要性がない」などとして請求を拒んでいたことが分かった。公判担当検事が紛失を上司に報告していたことも判明。紛失を弁護側に伝えなかった検察の姿勢が問われそうだ。【苅田伸宏】

     関係者によると、弁護側は03年12月から04年2月の間に3回、吸い殻関連の証拠を明らかにするよう求めた。これに対し、検察は04年1月、「開示に応じる理由がないので、開示しない」と回答。同年3月にも「証拠開示すべき具体的必要性が挙げられていない」などとして拒否したが、紛失には一切触れなかった。

     公判を担当していた大阪地検の主任検事(当時)は04年1月に大阪府警から紛失の連絡を受けて当時の上司にも報告したとみられる。一連の経緯について大阪地検幹部は「紛失を隠し立てして公判を進めたわけではなく、公判で請求した吸い殻1本の証拠で立証は十分だった」と話している。

     この事件では刑務官の森健充(たけみつ)被告(53)が殺人罪などに問われ、1審で無期懲役、2審で死刑判決を受けた。現場のマンション階段踊り場の灰皿にあった吸い殻72本から被告のものが見つかり、現場に行った有力な物証とされた。しかし最高裁は昨年4月、大阪地裁へ審理を差し戻し、被告と面識のある被害女性が被告と自分の吸い殻を捨てた可能性があるとして他の71本の鑑定を促していた。

     大阪地検の大島忠郁(ただふみ)次席検事は「警察が鑑定のため採取した資料が存在しないことは承知している。本件の1審、控訴審当時は、公判で請求した証拠で立証十分と考えており、ご指摘の資料については立証する必要のある証拠とは考えていなかった」とのコメントを出した。

     また、大阪府警の大村喜一(よしかず)捜査1課長は「将来、必要になるかどうか検討する前に誤って廃棄してしまった。最高裁判決は重く、結果論として保全していた方がよかったと反省している。今後も地検と連携し、事件の真相解明をしていきたい」と話した。

    大阪・母子殺害放火:未検査の吸い殻71本 府警が紛失

    毎日新聞 2011517


     大阪市平野区で9年前に起きた母子殺害放火事件で殺人などの罪に問われた大阪刑務所刑務官(休職中)の森健充(たけみつ)被告(53)の裁判で、大阪府警が被告の足取りに関わる重要証拠のたばこの吸い殻72本のうち71本を紛失していたことが17日分かった。誤って廃棄したとみられる。最高裁は昨年4月の差し戻し判決で吸い殻を鑑定する必要性を指摘しており、差し戻し審での審理に大きな影響が出そうだ。

     事件では、森被告の関与を示す直接的な証拠はなく、検察側は状況証拠の積み重ねで立証を進めた。府警は現場マンションの階段踊り場の灰皿から吸い殻72本を採取し、森被告が吸っていたものと同じ銘柄の吸い殻1本を発見。DNA型鑑定で森被告のものと断定した。

     関係者によると、紛失したのはこの1本を除いた全て。府警はこれら71本を段ボール箱に入れて平野署4階にあった捜査本部の整理棚に置いていたが、起訴から間もない02年12月下旬に紛失が判明。捜査員が24時間常駐する捜査本部から第三者が持ち出した可能性はないとして、誤って廃棄したと結論付けた。

     府警は、公判で弁護側が吸い殻に関する証拠を開示するよう請求した後の04年1月ごろまで検察側に紛失を伝えていなかった。

     検察側は一貫して、森被告のものとされる吸い殻について「被告が事件当日に捨てたもので犯人性を強く示す」と主張。弁護側は「森被告が被害者夫婦に自分の携帯灰皿を渡したことがあり、その中の吸い殻を事件以前に捨てた可能性がある」と反論した。1審の大阪地裁は検察側主張を認めて無期懲役、2審の大阪高裁は死刑を言い渡した。

     しかし、最高裁は昨年4月、「十分な審理が尽くされたとは言い難い」として審理を差し戻した。その際、71本の中に被害女性が吸っていた銘柄が4本あることに注目。差し戻し審で71本を鑑定するよう促し、「被害女性のDNA型に一致するものが検出されれば、携帯灰皿の中身を(踊り場の)灰皿に捨てた可能性が極めて高くなる」と指摘した。裁判官1人は「一致すれば無罪を言い渡すべきだ」との補足意見を付けた。

     検察側が地裁や弁護側に初めて紛失の事実を明らかにしたのは、昨年7月に大阪地裁で行われた差し戻し審の打ち合わせ。弁護側から1審段階で吸い殻に関する証拠の開示を何度も求められた際、検察側は「開示に応じる理由がない」などと拒否していた。【苅田伸宏】
     ◇大阪市母子殺害事件

     02年4月14日夜、大阪市平野区のマンションの一室から出火、焼け跡から主婦の森まゆみさん(当時28歳)と長男瞳真(とうま)ちゃん(同1歳)の他殺体が見つかった。まゆみさんは森健充被告の妻の連れ子の嫁。検察側は、まゆみさんへの恋愛感情を募らせた森被告が、拒絶されたことなどを憤って絞殺し、瞳真ちゃんを浴槽で水死させて放火したとして殺人と現住建造物等放火の罪で起訴した。最高裁が無罪の余地があるとして死刑を破棄した判決は過去6件しかなく、後に全て無罪が確定している。

    Supreme Court Nullifies Death Sentence
    THE ASAHI SHIMBUN


    2010/04/28

    The Supreme Court, in a rare decision Tuesday, nullified the death sentence in a murder-arson case and sent it back to a district court, saying factual errors may have occurred in lower court trials.

    The ruling by the top court's third petty bench opens the way for Takemitsu Mori, 52, to be acquitted of killing his daughter-in-law and her son and setting fire to their Osaka apartment in April 2002.

    Mori, a prison worker now on administrative leave, has consistently denied he committed the crimes. There was no evidence directly linking Mori to the crimes.

    The Osaka District Court, with only circumstantial evidence to go on, sentenced Mori to life in prison in August 2005. That decision was overturned by the Osaka High Court, which sentenced him to death in December 2006.

    Both courts ruled that Mori strangled his son's wife Mayumi, 28, drowned her son Toma, 1, and started the fire. The top court scrapped both sentences.

    It was the first time in 21 years for the Supreme Court to overturn a death sentence and remand the case to a lower court.
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    Top court nixes death sentence

    Kyodo News

    April 28, 2010


    The Supreme Court on Tuesday nullified the death sentence on a man convicted of murdering his daughter-in-law and her son and setting their Osaka home on fire in 2002, raising the possibility he was falsely accused.

    In addition to revoking the sentence handed down by the Osaka High Court in 2006 due to factual errors, the Supreme Court also reversed a ruling by the Osaka District Court to imprison Takemitsu Mori, 52, for life and sent the case back to the district court.

    "It is extremely difficult to find him guilty based solely on the indirect evidence presented in the lower court rulings," presiding Justice Tokiyasu Fujita said. "It would be a great injustice if we do not reverse" the rulings.

    Prosecutors, who failed to gather direct evidence tying Mori to the murders, presented DNA tests on a cigarette butt retrieved from the apartment and witness accounts. The district and high courts judged that the evidence indicated Mori was involved in the slayings.

    Takemitsu Mori was charged with strangling 28-year-old Mayumi Mori, drowning her 1-year-old son, Toma, and setting fire to their apartment. He has consistently denied the charges, saying he never stepped foot in the apartment.
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    大阪・平野区の母子殺害事件:死刑破棄 最高裁判決旨
    Mainichi 2010/04/27


     大阪・母子殺害事件で、2審の死刑判決を破棄して審理を1審・大阪地裁に差し戻した27日の最高裁判決の要旨は次の通り。

     <多数意見>

     有罪認定にあたっては、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要だ。直接証拠がない場合は、状況証拠で認められる間接事実中に、被告が犯人でないとしたら合理的に説明できない(あるいは、少なくとも説明が極めて困難である)事実関係が含まれていることを要する。本件はこの点を満たさず、十分な審理が尽くされたとは言い難い。

     森健充被告が事件当日に被害者宅マンションに赴いたと1審が認定した理由の中心は、マンション踊り場の灰皿内に遺留されたたばこの吸い殻に付着した唾液(だえき)中のDNA型が被告と一致した事実である。被告は「被害者夫婦に自分の携帯灰皿を渡したことがあり、被害者が中の吸い殻を捨てた可能性がある」と反論していた。

     吸い殻は事件翌日に採取され、既に茶色っぽく変色していた。水にぬれるなどの状況がなければ短期間でこのような変色は生じない。吸い殻を採取した警察官は「灰皿内がぬれていたか記憶はないが、写真を見る限り湿っているようには見えない」と証言しているから、この変色は、吸い殻が捨てられた時期がかなり以前だった可能性を示す。

     「フィルターが唾液でぬれた状態で灰皿の中に落ち込んだ吸い殻であれば、翌日このような状態になるのは自然」という2審の説明は採用できず、変色を合理的に説明できる証拠はない。被告が事件当日マンションに赴いた事実は認定できない。

     灰皿には多数の吸い殻が存在し、被害者が吸っていたたばこと同一銘柄のもの4個もあった。これらから被害者のDNA型が検出されれば、被害者が携帯灰皿の中身を捨てた可能性が極めて高くなる。しかし、この点の鑑定をした証拠はない。

     吸い殻が被告によって事件当日捨てられたものかどうかは、犯人性を推認できるかどうかの最も重要な事実であり、被告の主張のように具体的に疑問が提起されているのに、1、2審で審理が尽くされたとは言い難い。

     仮に事件当日マンションに赴いた事実が認められても、被告が犯人でないとしたら合理的に説明できない(あるいは説明が極めて困難である)事実関係が存在するとまでいえるかどうかにも疑問がある。

     1審は被告を犯人と推認させる間接事実をいくつか挙げているが、例えば動機については、被害者に怒りを爆発させてもおかしくない状況があったというにすぎず、殺人の動機として積極的に用いることはできない。

     被告が事件当日に携帯電話の電源を切っていたことも、殺害行為が突発的な犯行であるとされていることに照らせば、それがなぜ被告の犯行を推認できる事情となるのか十分納得できる説明がない。その他も含め、1審が掲げる間接事実のみで被告を有罪と認定することは著しく困難だ。

     事案の重大性からすれば、他の間接事実についても更に検察官の立証を許し、これらを総合的に検討することが必要だ。1、2審は、吸い殻に関する疑問点を解明せず、間接事実に関して十分な審理を尽くさずに判断した。その結果、事実を誤認した疑いがあり、破棄しなければ著しく正義に反する。更に審理を尽くさせるため1審・大阪地裁に差し戻す。

     <藤田宙靖裁判官の補足意見>

     1、2審の事実認定の方法には、刑事裁判の基本を成すとされる推定無罪の原則に照らし重大な疑念を払しょくしえない。

     <田原睦夫裁判官の補足意見>

     差し戻し審で、残存した吸い殻中から被害者のDNA型が検出された場合には、弁護人の主張が正当との蓋然性(がいぜんせい)が認められ、無罪判決を言い渡すべきだ。

     <近藤崇晴裁判官の補足意見>

     まれに見る難事件。被告に濃厚な容疑があることは否定できないが、他の何者かの犯行である可能性が合理的な疑いを入れる余地なく否定されてはいない。

     <那須弘平裁判官の意見>

     証拠や間接事実を吟味し直して、有罪方向での判断をすることが許される余地が残されている。

     <堀籠幸男裁判官の反対意見>

     1個の間接事実だけで、被告が犯人と推認できる強力な間接事実はない。しかし、多数の間接事実を総合すれば犯行への関与は合理的疑いを入れられない程度まで立証されている。

     多数意見の「被告が犯人でないとしたら合理的に説明できない事実関係」という概念は必ずしも明確でない。刑事裁判の事実認定は、社会生活を営むことによって形成される経験則に基づいて行われるもので、裁判官の専権に属するものではなく、広く一般国民もなし得る。裁判員裁判は、多様な経験を有する国民の健全な良識を刑事裁判に反映させるものだから、裁判官がこれまで形成した事実認定の手法をそのまま裁判員が受け入れるよう求めることは避けねばならない。この概念を用いることは、裁判員裁判が実施された現時点では相当でない。

    大阪・母子殺害事件の経緯◆


    02年4月14日 事件発生

        中旬 府警が階段踊り場灰皿から吸い殻採取

      11月16日 府警が森被告を逮捕

      12月7日 検察が殺人罪で森被告を起訴

        下旬 吸い殻を入れた箱の紛失が発覚

    03年3月31日 大阪地裁で初公判

      12月   弁護側が吸い殻関連の証拠開示を依頼

    04年1月   府警が大阪地検に紛失を報告

           検察が「開示しない」と回答

    05年8月3日 大阪地裁が無期懲役判決

    06年12月15日 大阪高裁が死刑判決

    10年4月27日 最高裁判決(地裁に審理差し戻し)

    10年7月   地検が地裁と弁護人に紛失を説明



    Prison guard to hang for slayings
    The Japan Times: Saturday, Dec. 16, 2006

    Kyodo News
    The Osaka High Court sentenced a prison guard to death Friday for killing a woman and her son and setting fire to their apartment in Osaka in 2002, nullifying a lower court-imposed life prison term.

    Takemitsu Mori, 49, has consistently pleaded innocent to charges of murder and arson since his arrest in November 2002, but presiding Judge Toshio Shima handed down capital punishment based solely on circumstantial evidence presented by the prosecution.

    Mori's counsel said they plan to appeal the ruling. Judge Shima found Mori guilty of strangling Mayumi Mori, 28, drowning her son Toma, 1, in a bathtub, and setting fire to their apartment in Hirano Ward, Osaka, on April 14, 2002.
    Mori at that time was married to Mayumi's mother-in-law but later divorced.

    Shima said the three-judge court determined Mori was the culprit based on the prosecution's evidence.
    "The defendant has failed to give a reasonable explanation of his activities on the day of the crime. The chances are slim that the crime could have been committed by a third party," he said.

    In August 2005, the Osaka District Court found Mori guilty, accepting the prosecution-presented witness accounts and DNA tests on a cigarette butt found at the flat.

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~